イベント・行事 レジャー 横浜

花火大会、横浜開港祭が開催される臨港パークの行き方

2015/02/22

私の好きな公園の一つに臨港パークがあります。

IMG_0909

どうして好きなのかな〜とあらためて考えてみると・・・

・海が近い

・芝生でくつろぎながら海が見える

・クインズーイーストが近い(飲食のとき便利)

・グランドインターコンチネンタルホテルや横浜ロイヤルパークホテルが近い(カフェやビュッフェ利用)

・花火大会、横浜開港祭、盆踊り大会など大イベントが多く開催される。

など自然と都会の利便性のよさがほどよくミックスされているところがいいんですよね。

SPONSORED LINK

このお気に入りの臨海パークですが、行くようになったのは、実は最近なんです。

横浜に引っ越してから、歩いていけるものですから温暖な晴れた日には散歩に気軽に行くんですが、横浜に引っ越す前は、臨港パークってよく知らなかったんです。

そもそも横浜に行くことがあまりなかったということと、横浜の散歩コースは山下公園、大桟橋、赤レンガ倉庫、みなとみらいで臨港パークは入ってなかったんですね。

そこで臨港パークに行ったことのない方のために行き方をまとめてみました。

臨港パークへの行き方

行き方として車利用、電車の場合、JR、みなとみらい線の利用になりますね。

■車利用の場合、臨港パーク駐車場を利用すれば30分あたり200円(平日)250円(祝祭日)

■みなとみらい駅から徒歩5分 ショッピングセンターのMarkisを通って行くのがおすすめです。

■新高島駅から徒歩10分

■横浜駅から徒歩20分 横浜駅東口からそごう〜日産ギャラリー〜マリノスタウンを通って行きます。

■桜木町駅から徒歩15分 クインズイーストを通って行きます。

SPONSORED LINK

臨港パークの楽しみ方

臨港パークの楽しみ方には大きく3つがあるかな〜

■一つ目は横浜開港祭、花火大会、盆踊り大会などイベント目的に楽しむこと、これらの大イベント以外にもいろんな中小イベント、フリマなどが週末に開催されます。

■お弁当など持ってゆったりピクニック!芝生の上でごろんとなって景色もいいからくつろげます。

■ヨガ、ジョギング、ウォーキング、サイクリングなどで汗をかいて健康的に!自宅から近い方はもちろんですが、遠方の方でもスポーツ&スパ・デートって手もあります。近くに「横浜みなとみらい 万葉倶楽部」、横浜駅近くに「スカイスパ」があります。

おすすめとしては朝早く「横浜ロイヤルパークホテル」の朝食ビュッフェをいい眺めの中でゆったり取った後、臨港パークで運動して汗をかき、「横浜みなとみらい 万葉倶楽部」で入浴し、マッサージやリラックスルームで休憩したり、食事したり結構1日ゆったりと過ごせます。

臨港パークの大イベント

臨港パークの大イベントを3つ選ぶとすれば次の3つですね。

■横浜開港祭(6月2日)
 5月末〜6月上旬の3日間 グルメ、パレード、ライブ、体験会などいろんな催しがあります。特に6月2日20時20分から30分ほど花火大会もありますので見逃せませんね。

■神奈川新聞花火大会(8月上旬)
 この花火はすごいです!昨年初めて見たのですが、場所が近かったせいか迫力満点!久々に感動しました!それだけにすごい人気で臨港パークでは有料席が数多く設けられてます。花火を見たい方は必見です。

ただし注意しなければならない点があります。すご~い人ですから、一緒に見にいく場合はいいですが、何となく「このあたりで待ち合わせ!」って場合は、迷子になります。特に花火が始まる直前とか真っ暗でどこに誰がいるのか?人だらけでわかりません。

そして何といっても、もう一つの盲点が”携帯がつながらないこと!”

「あれっ!なかなか携帯がつながらないな~」と感じていたのですが、しばらくして気づきました。みんな携帯を使っていてつながらないんだと。

ですから、待ち合わせする場合は事前に明確に場所を確認しておくことがマストです!

■みなとみらい大盆踊り(8月中旬)
 盆踊りと潮風を肴に盆踊り会場の近くがアウトドアのビヤーガーデンのようになっていて楽しめます。近くのホテルがカレーライスなど出店で販売していていい感じです。もちろん盆踊りにも参加できますよ。

冬場はちょっと足が遠のいていた臨港パークですが、いよいよ春めいてきて楽しみです!!

SPONSORED LINK

-イベント・行事, レジャー, 横浜