2015年限定 イベント・行事 東京

三社祭2015は5月15〜17日 その見どころは?

2015/03/22

浅草っていえば、5月の三社祭、7月のほおずき市、隅田川花火大会、8月の浅草サンバカーニバルなど全国的にも有名なイベントがいっぱいです。

その中でも150万人の人出でにぎわう初夏の風物詩である2015年の三社祭は5月15日(金)〜17日(日)に行われます。

友達に祭関係者がいるのですが、祭にかける情熱はものすごいものです。

祭の前1ヶ月は仕事どころではない雰囲気です。この情熱の塊が祭当日に炸裂して、あの何ともいえない熱気になるんでしょうね。

SPONSORED LINK

三社祭の日程

三社祭というと賑やかな御神輿と出店というイメージが強いですが実は朝早くから夜までいろいろな儀式なども行われるんですね。

2015年の三社祭のスケジュールをざーっとお知らせすると

まず始まりは5月14日(木)からなんですね。

■5月14日(木)

●19:00 本社神輿神霊入れの儀:浅草神社の御神霊を本社神輿に移す儀式

■5月15日(金)

●13:00 大行列:お囃子屋台・鳶頭木遣り・びんざさら舞・芸妓連の手古舞・白鷺の舞などで編成された大行列が浅草の町を歩きます。(雨天中止)


●14:20 びんざさら舞奉納(社殿)
●15:00 びんざさら舞奉納(神楽殿)
 東京都無形文化財に指定されている「びんざさら舞」の奉納

●15:30 各町神輿神霊入れの儀

083235

■5月16日(土)

●10:00 例大祭式典

●12:00 町内神輿連合渡御:浅草氏子44ヶ町の町内神輿約100基の渡御

●16:00 奉納舞踊(神楽殿)

●17:00 巫女舞奉奏(神楽殿)

■5月17日(日)

●6:00  宮出し 本社神輿各町渡御 宮入り

●14:00 巫女舞奉奏(神楽殿)

●15:00 奉納舞踊(神楽殿)

●16:00 太鼓奉演(境内)

●11:00〜18:00 雷門通りから馬道通りにてお祭り広場

SPONSORED LINK

三社祭の見どころ

15日(金)は大行列、びんざさら舞奉納。

16日(土)は「例大祭式典」のあと、12時より、浅草氏子四十四ヶ町の「町内神輿」約100基が浅草寺裏広場に集まり、一基ずつ浅草神社でお祓いを受けた後、町を練り歩きます。

17日(日)は朝6時に浅草神社の「本社御輿」3基が神社境内から宮出され、「本社御輿」が各町会を練り歩いていき、夕方に浅草神社へ宮入りします。
11時〜18時まで雷門通り〜馬道通りは「お祭り広場」になり、「町内神輿」が集まり熱く熱く盛り上げていきます。

時間を半日ぐらいしか取れない方は、是非とも17日(日)午後の「お祭り広場」がおすすめです。あのものすごいエネルギーを同じ場所で肌で感じるっていいですよね。パワーをもらって楽しくなります!

ただし、すごい人ですので11時より前に場所取りや食べ物、飲み物の準備をしてお連れの方と迷子にならないように工夫しておくといいと思いますよ。

三社祭の行われる場所

浅草寺の近くの「浅草神社」を起点に「雷門通り」と「馬道通り」が17日(日)の11時〜18時に交通規制され、「お祭り広場」になります。
お祭り広場は下地図の赤線の部分になります。

三社祭から帰る時ですが、混雑にうんざりしないためには、名残惜しいですが、早めに切り上げたり、歩くのが好きな方は一駅もしくは上野駅まで歩くのも手ですね。銀座線でいうと浅草、田原町、稲荷町、上野と3駅目ですので、十分歩ける距離です。

その他にも三社祭を見て、スカイツリーまで歩いていくのも何か新しい発見があるかもしれませんね。

今年あたりは外人観光客も増えていそうですので、例年以上の混雑が予想されます。携帯もつながりにくくなると思いますからお連れさんと、はぐれないようにくれぐれも気をつけてくださいね。

SPONSORED LINK

-2015年限定, イベント・行事, 東京