ライフスタイル

お風呂のカビの防止法

2014/12/13

カビの発生をしにくくすることが、いちばん大事ですよね。

458a56d07031a4eb095105c364a1dadd_m
新しい家や、引っ越ししたときなど、きれいな浴室を見て
「絶対にカビを発生させないぞ!」と心に誓うのですが、
誓いが長続きせず・・・

SPONSORED LINK

「今日はいいかぁ」、「明日は絶対やるぞ!」と
でも結局2日、3日、1週間以上たってもやらないでいると
しらない間に発生しているものですね・・・カビが
もう見ないフリをしてしまう。

カビの防止

まずカビを発生させないように予防することを
心がけましょう。

温度を下げましょう

カビは、20℃~30℃が一番活発に活動するので、
入浴の後は、石鹸カスや湯垢を、シャワーで、
洗い流し、最後に冷水をかけましょう。

湿度を下げましょう

入浴後2時間以上は、換気扇をまわしましょう。
窓がある家は、窓を開けましょう。
湿度70%ぐらいがカビが一番発生しやすいので
浴槽のお湯は抜いておくのが、ベストですが、
残しておきたい人は、フタを閉めましょう。

排水溝のそうじ

排水溝のそうじや悪臭の防止には、
重曹とお酢を使います。

排水口に重曹を2分の1カップ振り入れます。
同量の食酢と40度ぐらいの湯を流し込みます。

そうしたら、泡が立ってきますので、
そのまま30分以上放置します。

その後、お湯をかけて洗い流します。

シャワーヘッドのそうじ

シャワーの水圧が弱くなったときなど、
水に含まれるカルシウムが、個体になって
穴をふさいだり、することがあります。

洗面器に酢カップ1に熱湯1リットルを入れ
1時間ほどシャワーヘッドをつけます。

もし落ちない場合は、つまようじなどで、
つついてあげるときれいになります。

蛇口の白い水垢の掃除

クエン酸に対して、少量の熱めのお湯を加えて
シャーベット状にしたものを、ペーパータオルなどに
たっぷりしたして貼り付け、2~3時間そのままにして
おくととれます。

黒カビのそうじ

お酢と水を1:4でスプレーボトルに入れかくはんさせます。

黒カビにスプレーし数時間放置し、その後使い古しの歯ブラシなどで、
丁寧にカビをとり除きます。

きれいに取り除けなかったときは、上から重曹を振りかけ、
お酢と反応しジュワーとしてきたら、またスプレーして、
1時間ほど放置し、歯ブラシなどでとり除いてください。

それでも取りきれなかったときは、市販の酸素系漂白剤を
水気をとってから黒カビにふき付けます。

ラップで密閉して、1時間ほど放置してから、シャワーできれいに洗い流します。

毎日とにかくカビを発生させないように、よく乾燥させることが大事ですね。

SPONSORED LINK

-ライフスタイル