健康 美容

冬対策 冷えと乾燥を防ぐには?

2015/05/01

冬対策として体の冷えとお肌の乾燥対策は欠かせませんよね。

4642d78ec24848e2aef4b34e831d918f_m
「冷えは万病のもと」と言われるように
風邪、肩こり、腰痛、腹痛などひき起こしますし、

乾燥は体がかゆくなったり、しわができたり、ひび割れなど
女性の大敵のうえに、風邪など引きやすくなります。

SPONSORED LINK

冷え対策

冷えがなぜよくないかというと、血行不良となり、神経、内臓、筋肉など
を収縮し、体に過度にストレスを与えてしまったり、
血液が酸素と栄養を細胞に十分に運ばないと肌荒れをひき起こしたりします。

冷えを防ぐ方法として体を内から温める方法と外から温める方法があります。

●まずは内から温めることが大事ですよね。

内からというと
まずは運動です。

筋力トレーニングや有酸素運動を20~30分すると内から
ポカポカして多少寒くても薄着でも大丈夫ですからね。

ですので私は冬になるとよくスポーツジムに通うようにしています。

夏場は自然に汗をかきますけど、冬場は意識して運動を行うことによって
汗をかいて新陳代謝も促して体を温めてます。

●次に食べ物です。

体を温める野菜として
しょうが、ねぎ、とうがらし、
芽キャベツ、かぼちゃ、大根、かぶ、ごぼう、
白菜、ニンジン、豆類、いも、ブロッコリー、
たまねぎ、にら、にんにく・・・など

冬の鍋にご登場の野菜は大体あてはまりますね。
寒い地方で採れるもの、冬が旬な食べ物は体を温めるようです。

飲み物でいうともちろんアルコール類は体を温めますが
健康面を考えると白湯がいいようです。

白湯は沸騰したお湯を冷ましたものですが
少しずつ飲むことによって
体を温めてくれます。

その他、紅茶、ウーロン茶、ほうじ茶、ごぼう茶、生姜湯などもいいですね。
逆に体を冷やす飲み物としてコーヒー、緑茶があります。
コーヒーとか寒いアウトドアなど飲んで体を温めるイメージがありますが
意外ですよね!

●次に体の外から温める方法ですが
王道は何といってもお風呂ですよね。

夏場はシャワーで済ませても、冬場はゆっくりお風呂に入って
体も心も温めています。

ただし、お風呂に入るときに気をつけなければならないのが
お風呂と浴室、脱衣所の温度差です。

温度差があると体温が急激に変わり、血圧も変わってしまい
心筋梗塞や脳卒中の引き金にもなるからです。

温度差、気をつけなきゃ~ですね!

お湯をためる時に扉を開けて浴室や隣の脱衣所も
温めておくといいですよ。

SPONSORED LINK

乾燥対策

次に女性に大敵の乾燥対策ですが

●寒くてもなるべくエアコンの暖房は使わない。

 エアコンは乾燥しがちになりますので使用のときは
 加湿器など一緒に使うといいですね。

 ただし、加湿器は水にカビが発生しやすいので
 こまめに水を入れ替えた方がいいです。

●入浴時ですが
 熱いお湯への入浴は避けたり、お風呂から上がった後は
 タオルのこすりすぎに注意し、身体の水気を拭き取ったら
 保湿クリームなどをよく塗ることが大切です。

●お部屋の湿度を保つために
 観葉植物やカップなどに水をはるとか、お風呂のバスタブに水をはるとか
 洗濯物を室内で乾かせるなども有効です。

 お部屋を暖かくして湿度を保つと窓やサッシ戸などに結露が発生し
 カーテンなどカビが生えたりするので、結露はこまめに拭いたり、
 万が一、カーテンにカビが生えたら、洗ったりすることも忘れてはなりません。

●下着やパジャマなど水分を吸収する綿製品の着用がいいです。
 寝るときも毛布など直接、肌に触れない方がいいようですね。

乾燥対策もバッチリ行い、風邪も引かずに
いつまでも潤いの肌でいたいですね。

SPONSORED LINK

-健康, 美容