ライフスタイル 美容

入浴剤の作り方 意外と簡単!

2014/12/04

お風呂にはいる時、入浴剤を入れてはいると、
やはり入れているということで、体に良いと思えますね。

e4d15243f58c478fd07d5d8ce7c0066a_m

入浴剤の効果

保湿成分だったり、アロマ効果だったり・・・

入浴剤を切らしてしまって

入浴剤なしで、はいると・・・

何か ちょっと悲しい気分になります。

SPONSORED LINK

そんな時は、一層のこと
さら湯のまま はいらずに、
シャワーだけで済ませた方がいいかも・・・

さら湯にはいると、肌を守る成分、ミネラル分がでてしまい
かえってカサカサ肌になるので、特に冬は避けた方がいいですよね。

手作り入浴剤を作る

そんな時は簡単に自分で、手作りできる入浴剤を作って、
やっぱり湯船につかって、リラックスしたいですよね。

意外と簡単に作れます。

「作る」というと返っておおげさかもしれません。

家にあるもので、湯船に入れるだけで、いいのもけっこうあります。

固定観念で入浴剤=買うものと思い込んでいました。

自分で作った方が、色々な添加物も入ってないし・・・

湯船に入れるだけ

・はちみつ   大さじ1~3

・ワイン    1~3カップ

・日本酒    1~3カップ

・紅茶やハーブティーのティーバック 

・お茶をお茶パックに入れる

・米ぬか1カップをぬか袋に、ぬか袋がない場合は使い古しのストッキングに
 ぬかを入れハンカチやガーゼなどでつつみ輪ゴムをします。

・酒粕をハンカチやガーゼなどにつつみ、中身が出ないようにします。

・粗塩にエッセンシャルオイルを数滴たらす

ちょっとひと手間かける

1.今みかんが旬なので、ビタミンC補給のためにも

 1日何個もみかんを食べてます。

 そんなみかんの皮を、晴れた日によく干します。

 カラカラに乾燥したら、細くはさみなどで切り、

 お茶パックにいれます。

 みかんの皮のリモネン効果で血行をよくし、

 湯ざめにくくします。

2.重曹とクエン酸、エッセンシャルオイルで

 発砲入浴剤みたいになります。

 重曹150g      ・・・美肌効果

 クエン酸50g     ・・・体臭予防

 エッセンシャルオイル数滴・・・リラックス効果

ボールに重曹とクエン酸を入れ、霧吹きで水を少しかけながら

混ぜます。

エッセンシャルオイルを数滴入れ、丸めて

サランラップなどでつつみます。

これで、入浴剤を補充するのを、忘れていたとしても
家にあるもので、十分に楽しめますね。

寒い日には、寝る前に
お好みの入浴剤を入れたお風呂で温まったまま、
ベッドにはいりたいですね。

 

SPONSORED LINK

-ライフスタイル, 美容