健康

足腰を鍛える簡単な方法は?鍛えると何に効く?

足腰を鍛えるって大切ですよね!

”老いは足腰の衰えから”と言われるぐらいですから・・・

c1b751c921b1258ab844da7deda59d50_s

元気な人って足腰がしっかりしてますもんね〜

足腰を鍛えると、体の重心が安定して、体全体が活性化します。

他にも足腰を鍛えると美容や健康のためにいろんなメリットがあるんですよ。

今回はその足腰を鍛えるメリットと、簡単に足腰を鍛える方法を紹介しますね!

SPONSORED LINK

足腰を鍛えるメリット

筋トレをすると、基礎代謝量が増えて痩せやすい体になると言われています。

体の筋肉の70%以上は下半身にあると言われています。

なので、下半身を鍛えることは、痩せやすい体になることにつながるんですよ。

特に太ももの筋肉は体全体の30%になります。

86e1b38f5ce1ae069a8fc00811da5d70_s

下半身が痩せる!

足が太い、下腹の脂肪が気になる…という悩みを抱えている人は多いと思います。

太ももなどは脂肪がつきやすいですものね。

足腰を鍛えると、その部分の筋肉が増えます。

そうすると、脂肪が減って筋肉によって引き締められるので、その部分が痩せていきますよ。

代謝があがる

太ももは足元から血液を上へ押し上げるポンプの役割を果たしています。

太ももに筋肉がつくと、そのポンプの機能が強くなります。

血液のめぐりが良くなるのです。そうすると、体全体に栄養が上手く届けられるようになって、代謝があがったり美容効果が表れたりするんですよ。

成長ホルモンが分泌される

筋肉を鍛えるということは、今ある筋組織を壊すことでもあります。

その壊れた筋肉を元通りに戻そうとして、新しい筋肉を作っていきます。

その新しい筋肉を作ろうとするときに、通常の倍の成長ホルモンが分泌されます。

筋トレはアンチエイジングにも効果があります。

成長ホルモンは肌の再生にも効果があるので、一旦老化してしまった肌も修復してくれるんですよ。

腰痛やヒザの痛みが改善される

足腰を鍛えると、腰痛やヒザの痛みの改善につながります。

いつまでも若く元気で、将来にわたって歩き続けることができますよ。

足腰を鍛えると、高齢になった時寝たきりになる可能性が減るのです。

その他にも足腰を鍛えることには、こんなメリットがあります

●血糖値が改善する

●骨が鍛えられて、骨粗鬆症が改善する

●心肺機能が高まって、血圧が下がる

●コレステロールが低下し、善玉コレステロールが増える

●リラックスして、ストレスを発散できる

足腰を鍛えると、こんなにいいことがあるんですね!

SPONSORED LINK

簡単な足腰の鍛え方

やはり足腰を鍛えるのに一番効果があるのがスクワットです!

スクワットは「キング・オブ・エクササイズ」と言われています。

スクワット

1.足を肩幅の広さに開き、つま先は少し外に向ける。

2.背筋を伸ばしてゆっくりしゃがむ

3.太ももと床が平行になるまでゆっくりとしゃがみ、また立ち上がる

4.立ち上がった時に完全にヒザを伸ばさないで再びしゃがむ

5.座りを4秒、立ち上がりに4秒のスピードで行う

始めは5回程度で太ももがパンパンになるぐらいキツイと思います。

5回を3セット行えるようになってきたら足腰を鍛える効果が出てきますよ。

フロントランジ

1.足を軽く開いて両手は腰に置き、まっすぐ立つ

2.息を吸いながら片方の足を前方に踏み出す

3.後ろ足の膝が床に着かないところまで腰を落としていく

4.息を吐きながら、まっすぐ立つ姿勢に戻る

5.次は反対の足を一歩前に踏み出して同様に行っていく

もっと簡単なスクワット

普段運動しない人や、ヒザに痛みがある人向けに、相撲スクワットという方法もあります。

相撲スクワット運動(内もも引締め、ヒップアップ) 

相撲の四股を踏むように足を広げ、ゆっくりとスロースクワットを行うのです。

足を大きく広げることによって、ヒザへの負担を少なくします。

また、空いている時間にサッとできるタイプのものもあります。

立った状態から背筋を伸ばし、ひざを軽く九の字の状態に曲げます。

その状態を30秒間キープ。

それを1日3セット行います。

難しければ、夜やるだけでも効果があります。

筋トレを継続しようとしても、いつも続かなくてやめてしまう…という人も、スクワットだけやると限定したら、続けやすいのではないでしょうか?

スクワットは全身を上げ下げするので、その時に腹筋や背筋を使う事にもなります。

下半身を鍛えるとともに体全体を鍛えることになるので毎日の習慣にしたいですね!

SPONSORED LINK

-健康