バーベキューソースの作り方、簡単おすすめの5つ!

2015/12/23

バーベキューが流行ってますが、バーベキューのとき、市販のソースもいいですが、手作りのバーベキューソースも加えることによって、さらにバーベキューが楽しくなりますよね。

grill-448495_960_720

そもそも「バーベキュー」とは、スペイン語で「丸焼き」を意味する「barbacoa」が語源で、現在のバーベキューのスタイルは肉や野菜を屋外で大勢の仲間といっしょに食べるアメリカの習慣がもととなっているそうです。

このアメリカンスタイルのバーベキューに欠かせないのが「バーベキューソース」で、ケチャップやトマトピューレをベースにソースや香辛料などを混ぜ合わせて作ったものです。

本場アメリカでは、カンザスシティ式とかノースカロライナ式とか、いろいろな種類があって奥深いもののようです。

それらは、トマトに甜菜糖やはちみつなどの甘味料、リンゴ酢や柑橘酢などの酸味料、香味野菜に約30種類のスパイスを使った本格的なものです。

簡単に調味料を混ぜ合わせただけでも、それらしいものを作ることができますので、ぜひ両方作ってみて食べ比べてみてください。

今回は、わが家で定番となっているつけだれもあわせてご紹介いたします。

SPONSORED LINK

●お手軽バーベキューソース

2015122000

ケチャップ  大さじ2 
中濃ソース  大さじ1
醤油     小さじ1      
砂糖     小さじ1
コショウ   少々
ナツメグ   少々

これらを混ぜ合わせるだけで完成!

簡単だけど、意外にそれらしく仕上がります。チキンナゲットにもよくあいます。

●甘酢にんにくたれ

すし酢    60cc      
ごま油    30cc
にんにく   2かけ         
白ごま    大さじ2
        
これらを混ぜ合わせるだけで完成!

にんにくがガツンと効いていて、肉だけでなく、エビやホタテを焼いたものにもよくあいます。

●ネギ塩たれ

2015122001

水      100cc     
玉ねぎ    1/4個    
長ネギ    1/2本
中華スープの素 大さじ1
白ごま    大さじ1       
ごま油    大さじ1        

すべての材料を耐熱容器にいれ、電子レンジで1分加熱して出来上がり!

ネギのシャキシャキ感とごま油の風味が食欲をそそる一品。 

あっさりしているので、ついつい食べすぎてしまいます。

SPONSORED LINK

●自家製焼肉たれ

2015122002

・みそ    小さじ1
・砂糖    大さじ2    
・みりん   50cc      
・醤油    100cc
・赤ワイン  50cc          
豆板醤    小さじ2         
酢      小さじ1         
はちみつ   小さじ1         
にんにく   小さじ1
すりごま   大さじ1
すりリンゴ  1/2
ごま油    小さじ2

①・印の材料を沸騰させる

②すべての材料をまぜる

③冷ましてから冷蔵庫にいれて一晩ねかす

酢やはちみつなど、少ししかはいっていないものも、ていねいに入れ込むことで風味が増します。

すぐにでも食べられますが、一晩ねかせると味がまろやかになります。

●カンザスシティ式バーベキューソース

本格的なものは材料が50種類にも及ぶので、家庭で作りやすいよう我が家でアレンジしてみました。

・玉ねぎ   1/4個   
・にんじん  1/4個     
・ピーマン  1個       
・にんにく  1かけ        
ケチャップ  80cc       
リンゴ酢   10cc        
レモン汁   10cc
黒糖     大さじ1    
はちみつ   大さじ1
ブラックペッパー           
ターメリック             
チリペッパー             

①・印の材料をすりおろしてソースパンに移し、とろ火にかける

②その他の材料を加え、ほどよい固さになるまで水分をとばす。

③手持ちのスパイスをお好みで加える。

④一晩おくとさらにおいしくなる。

バーベキューソースとしてだけでなく、炒めものの味付けなど、使い勝手にいいソースに仕上がりました。

スパイス類を家庭で使いこなすのはなかなか難しいので、市販のミックスハーブやハーブソルトを加えると、お手軽にスパイシーさが手に入ります。

ひと手間かかりますが、ソースやタレを家庭で作ると格段においしいです。

冷蔵庫で2週間くらいは保存できるので、ぜひ作り置きしてお手製ソースを楽しんでください。

SPONSORED LINK

-