レジャー

登山装備の三種の神器の選び方は?(初心者用)

登山装備に欠かせない三種の神器といえば

・靴
・バックパック
・レインスーツ(雨具)

ですが、数ある中から初心者が最初に買いそろえる場合、何を基準にまた何に気をつけて選んでいくか?迷うところです。

1028676263_3599c76f71_z

初心者が初めて登山装備の三種の神器を選ぶ時のポイントをまとめてみました!

SPONSORED LINK

靴の選び方

スニーカーで歩く街歩きと異なり、登山の場合は砂利道、ぬかるんでいるデコボコ道などを歩きます。

このような道ではやわらかい靴底では足の裏全体で地面を踏むことができないので、靴底の硬いものが合ってます。

重い荷物を持っての長時間歩く登山では勝手が違ってきます。

山の下り坂では足首にかなりの負担がかかります。このときハイカットの登山靴ですと足のくるぶしまで靴がカバーし足首を固定してくれて足首への負担を軽減し、足首の怪我を防いでくれます。

その一方、ハイカットの靴は足首を固定しますから平坦な道を普段通りに歩くときには不便です。

ですからアップダウンの激しいところほどハイカットの靴、平坦な道ほどローカットの靴が合っています。

日帰りや荷物の少ない場合には、足首を固めすぎても不自由ですので、ミッドカットの靴が合っているといえます。

バックパックの選び方

機能性重視

バックパックも最近いろいろとおしゃれなものが出回っていますが、山登りの場合、やはり見た目のデザインよりも自分に合っているか否か?長時間、背負うものですから機能性を重視した方が賢明です。

腰ベルト付きのものを

バックパックを長時間、背負っていると肩が痛くなったりします。

そんなときは腰ベルトをすると、重さが腰にかかって楽になりますので、腰ベルト付きのバックパックを選びましょう。

最適な大きさは?

バックパックは荷物の量によって大きさが決まってきます。

夏場の荷物が少ない日帰りの場合には20Lの容量のバックパックで事足りそうですが、秋冬も使う場合も考えれば25Lぐらいのバックパックが合っています。

またテント泊する場合には、食糧や器具、着替えなどを入れるので、倍の50Lほどのバックパックが重宝します。

防水機能のあるものを

山登り時に雨が降った場合、体はレインスーツで防水できますが、バックパックはそのまま濡れてしまいます。

ですのでバックパックは防水機能のあるものを選びましょう。

SPONSORED LINK

レインスーツ(雨具)の選び方

出発時は晴れたいい天気でも、山の天気は変わりやすく、平地と比べ冷えてきます。

ですので防水、防寒の面でレインスーツ(雨具)の用意は必須です。

雨具としてレインコートやポンチョなどがありますが、揃えるのは上下分かれているレインスーツがおすすめです。

雨風の場合、レインコートやポンチョでは邪魔になり、機動的に動きづらかったり、足元が濡れたりしますからね。

レインスーツを選ぶとき、防水性、透湿性、耐久性、重量、動きやすさなどを基準にしますが、生地は防水透湿性素材のものがいいですよ。

単なる防水素材ですと、レインスーツの中が汗で濡れたり、ムレたりします。

一方、防水透湿性素材の場合は、雨を防水しつつ、体から出る汗などを外に出してくれます。

この透湿性は、24時間で生地1㎡あたり何gの水分を透過できるかを指すもので、この数値が高いほど、汗を生地の内部から外へ逃がしてくれます。

また最近は超軽量レインスーツも多く出されており、持ち運びが非常に軽くコンパクトに収まり、便利になています。ただし、これらの超軽量のものは長時間の激しい雨に耐えられる防水性にはなっていないので注意が必要です。

初めての登山用での登山装備の選び方ですが、以上の点を理解したうえで、実際に登山用具の専門店に行って、専門家のアドバイスも受けながら選ぶといいですね。

デザイン性に目がいきがちですが、日常と違う環境の中を歩くわけですからより快適に登山できるように機能性を重視しすることがポイントですね。

SPONSORED LINK

-レジャー