美容

ホホバオイルとは? 効果や特徴はホホバオイルを使った手作りオイルの作り方は!

ホホバオイルってよく見かけるようになりましたよね〜

filipendula-ulmaria-1526400_960_720

わたし自身も毎日お風呂あがりに利用しています。

顔、髪の毛、膝、ひじに塗って、潤いを保つのに欠かせない感じです。

ホホバオイルって自然由来のもので安心して使うことができるし、保湿、潤いに効果が感じられるので、毎日使用してるのですが、実はくわしいことはよく知らずに使ってるんですよね〜

SPONSORED LINK

ホホバオイル

そもそもホホバオイルとは何かと言うと、アメリカ南西部やメキシコ北部が原産の「ホホバ」という植物の種子から採れるオイルのことです。

25616706920_14fb4506aa_b

暑さに強く、砂漠の過酷な環境でも水分を保って生き続けます。

ホホバオイルは、ネイティブアメリカンの間では、「砂漠からの黄金の液体」と呼ばれており、髪や肌の保湿、食用油、やけどの治療などに使用されてきました。

ホホバオイルの効果

ホホバオイルの主成分は「ワックスエステル」といって、脂肪酸とアルコールが結びついたものです。

「ワックスエステル」はわたしたちの肌にも含まれている成分です。

「ワックスエステル」は表皮の水分を保持する役目をもつ角質に含まれているので、ホホバオイルを肌に塗ると肌の水分保持機能を高めることができるのです。

「ワックスエステル」は角質を健やかにして強度を高める作用をもつので、紫外線や雑菌などにも強い肌作りが期待できます。

敏感肌タイプの人たちにもおすすめのオイルです。

またホホバオイルに含まれている「ワックスエステル」は、皮脂にも含まれている成分で、皮脂量の足りない分を補ってくれます。

ホホバオイルは皮脂が足りない乾燥肌タイプの人にはもちろんのこと、反対に皮脂が多い脂性肌タイプの人の肌質の改善にもいいようなんですね。

ホホバオイルの特徴

ワックスなので熱にも強く他の植物油と比べても酸化しにくいといった特徴があります。

肌への浸透性も高く、べとつき感もなく、使いごごちもサラッとした感じです。

また品質が劣化しにくく、保存しやすいといった特徴もあります。

ですので、手作り化粧品の材料としてよく使われていて、石けんやクリームなど作るときも使います。

また家で腕や脚など全身にも使うセルフマッサージ用のキャリアオイルとしてもよく使われます。

キャリアオイルとは

精油(エッセンシャルオイル)は、濃縮して作られているので原則として直接肌につけないようにします。

そのためマッサージ用のオイルは、キャリアオイルという植物油で薄めてつくるのです。

キャリアオイルの種類

ホホバオイル
・・・どの肌タイプにも合い長期保存もできます。

マカデミアンナッツオイル
・・・肌にとても近い成分で、肌のトラブルを修復して、老化を防ぐ働きもあります。

スイートアーモンドオイル
・・・乾燥肌タイプの人におすすめです。
保湿作用にたいへんすぐれています。

保存方法

ホホバオイルは高温では変化しませんが、10度以下になると固形になります。

固形になっても品質には影響はありませんが、常温の冷暗所で保存しておくといいですね。

SPONSORED LINK

ホホバオイルの使い方

ホホバオイルを使って手作りマッサージオイルを作ります。

精油をプラスすると、癒しやリラックス効果が倍増される感じがしてオススメです。

2016092100

腕用マッサージオイル

買い物などで重い荷物をもったり、1日中パソコンをしたりと腕の筋肉も疲れていますよね。

またひじなど乾燥しやすいのでうるおいを与えて、上腕の内側にたまりやすいセルライトをやさしくもみほぐして解消する効果も期待できるマッサージオイルを作ります。

●腕用マッサージオイルの材料

ホホバオイル・・・50CC

ラベンダー・・・10滴

マージョラム・・・5滴

イランイラン・・・5滴

●腕のマッサージの手順

1.腕の内側と外側に下の方から上の方に向かってオイルを塗ります。

2.親指の腹で、手首の方からひじの方までらせんを描くように筋肉をもみほぐします。

3.オイルをひじにつけて、手のひらを回転させるようにしてもみほぐします。

4.腕の内側の方のリンパ節を手のひらでやさしく上に流していきます。

5.親指の腹で、上腕をらせんを描くようにもみほぐします。

6.親指の腹で、らせんを描くように上腕の内側ももみほぐします。

脚用マッサージオイル

ハイヒールを1日中履いていたり、立ちっぱなしだったり、歩く時間が長かったり、座りっぱなしだったり、窮屈な靴を履いているとむくんだり、脚が疲れてしまいますよね。

そんなとき脚のむくみをやわらげ、、老廃物を出しやすくするマッサージオイルを作って脚をマッサージします。

●脚用マッサージオイルの材料

ホホバオイル・・・50CC

グレープフルーツ・・・6滴

ゼラニウム・・・5滴

ジュニパー・・・6滴

●腕のマッサージの手順

1.マッサージオイルを両手にたっぷりととります。

足の先の方から太ももの方まで、両手で包み込むようにしてオイルを塗っていきます。

この動作を2~3回繰り返します。

2.両手の親指の腹を使って、足の裏全体をもみほぐします。

3.両手で交互にふくらはぎを、足首からひざ裏まで、下から上へと2~3回なで上げます。

4.乾燥が気になる人はオイルをたっぷりつけて、手のひらでひざを覆って左右とも3回ずつ回転させます。

オイルって聞くと、ちょっとべたついて、イメージとして油分が多すぎて脂性の肌になりそうな気がしますけど、最近はいろんな美容オイルがありますから、自分に合いそうなものはいろいろと試しています。

中でもホホバオイルは肌質を選ばないサラッとした使用感でマッサージ用のキャリアオイルとしても使えるのがいいですね。

酸化もしにくいオイルなので、安心して使えます。

原料が植物でできているので肌に負担も少ないですが、適量を守り、つけ過ぎには気をつけたいですね。

SPONSORED LINK

-美容