節約ブログ 電気代

夏のエアコン代びっくり!節約する5つのコツとは?

夏場と冬場って電気代が高くなりますね!

一般家庭で夏場の電気代の半分はエアコン代なんだそうです。

040893

もちろん使用時間に左右されますので、各家庭でその割合は様々でしょうけど・・・

このエアコンもちょっとした使い方の工夫によって節電し、電気代を節約できるんですよね〜

そこで夏にエアコンの電気代を節約するコツを5つにまとめてみました!

SPONSORED LINK

①適切な温度設定

部屋の室温とエアコンの設定温度の差が大きいほど、エアコンはがんばりますので、電気代がかかるようになります。

ですので、設定温度が室温に近いほど電気代はかからないんですね。

設定温度を1度上げるだけで10%の節電効果があるそうで、28度の設定温度が経済的と言われています。

28度?! 暑そう!

と思われるかもしれませんが、扇風機と併用したりしてすると、意外に心地よく、また温度にも身体が慣れてくるものです。

風の強さですが、室温を設定温度にするために最初は強風にして、設定温度になったら弱風が節電効果があります。

風量の自動運転はこのように動きますので自動運転にまかせておけばいいことになりますね。

結局、室温と設定温度の差がなければ、エアコンの電気代はあまりかからないので、こまめに電源を切るより、続けて動かしていた方が節電につながります。

それと直射日光が当たる窓はカーテンやブラインドを閉めておくとエアコンの効率がよくなるので部屋の明るさに問題がなければ閉めておくことをおすすめします。

②暑い空気を外へ出す

暑い夏に外から家にもどると、何ともいえないムーンとした暑さが残ってますよね。

こんなときにそのままエアコンをつけると効率がよくないようです。

私自身、暑いので無意識にしてましたが、外出から戻ってくると、まず窓を開けて扇風機を強風で左右に振りながら外に向けて熱気を追い出してました。

こうして熱気を追い出してからエアコンをつけると節電につながるんですね。

エアコンは最初つけたときに一番電気代がかかるそうなので、このやり方は理にかなっているわけです!

004442

③エアコンの風向き

冷気は自然に上から下にいきますので、エアコンの風向きは上に設定しておくと、冷気が下に偏ることなく効率よく冷やすことができます。

このときさらに扇風機も同時に使用して部屋全体を冷やしてやるといいですね。

SPONSORED LINK

④室外機をクールダウンさせる

エアコンというと室内のエアコン機のみに注目しがちですが、忘れてならないのが室外機の存在です。

室外機がガンガン日差しを浴びていると効率が悪いので、すだれなどで日陰を作って直射日光が当たらないようにしたり、室外機のまわりに打ち水などで涼しくしてやるといいようです。

その際に吹き出し口の部分をふさがないようにして空気の流れをスムースにしてやることに注意してください!

⑤エアコンを掃除する

意外に忘れがちなのがエアコンの掃除です。

エアコンのフィルターがほこりだらけですと冷房の効率が悪く、エアコンに負荷をかけ、電気代が余分にかかってしまいます。

ですのでフィルターを取り出して水洗いできれいにした後、陰干しして乾わかしてから取り付けます。

またエアコンの前面のパネルにもほこりが付いていたりしますので、掃除機で吸い取ってやるといいですね。

以上のような5つのポイントに注意して上手に節電したいです。

どれも難しいことでなく、ちょっとした気づかいでできることですから・・・

エアコンも人や動物と一緒で掃除したり、気をつかうことによって、その力を十分に発揮できるわけですからいたわって大切にする気持ちが大切なんですね。

SPONSORED LINK

-節約ブログ, 電気代