節約ブログ 電気代

電気代はエアコンと電気ストーブ、どちらが安い?安さだけでない賢い使い分けは?

2015/05/03

電気代はエアコンと電気ストーブ、どちらが安いと思いますか?

なんか、知らず知らずのうちにいろんなものが値上がりしてしていて、電気代も上がってきているので賢く節電したいですよね。

SPONSORED LINK

特に冬場の電気代のチャンピオンは暖房器具ですよね。

暖房器具にはエアコン、電気ストーブ、オイルヒーター、石油ファンヒーター、ガスファンヒーター、床暖房、電気カーペット、カーボンヒーター、ハロゲンヒーター、こたつ・・・

いろいろありますけど、私がふだんよく使うのが電気ストーブとエアコンですので、この2つの電気代が気になってました。

今まで何となく、電気ストーブの方が安いのかな~と思ってましたけど・・・

ちょっと調べてみました。

電気ストーブとエアコンの電気代の比較

結果は、何を基準に比較するか?によるんですが、わが家に必要な暖かさを保持するという基準では・・・
なんと、予想がはずれてエアコンの方が安い? ですかね。

結構この2つの比較ってむずかしいんですよ。

というのは、そもそもエアコンはお部屋暖房であるのに対して電気ストーブは足元暖房と使い方がちょっと違うんですよね。

主婦をやっていると、自分だけ暖かくなればいいので電気ストーブを中心に使ってました。

うちのストーブは400W、800Wの切り替えタイプですので寒いと800Wにして、暖かいと400Wにしています。

電気代の計算方法

計算方法としては、電気代が1時間当たり1㎾=1000W=25円とすると

●電気ストーブの場合
060891
800Wを1時間使ったとすると
800W÷1000W×25円=20円

●エアコンの場合
020957
20度に設定した場合、24度に設定した場合でも違うし、部屋の広さによっても違うし、部屋の室温によっても違うし、エアコンの機種・省エネ機能によっても違うなど、どういう条件にするかによって変わってきます。

ちなみにある6畳用省エネタイプ暖房エアコンでは、420Wの消費電力なんですが、420Wといっても温度が一定になると、ずっと420W分電気を消費するわけではないんです。

仮に1時間420W消費したしても
420W÷1000W×25円=10.5円
となります。

ただお部屋が12畳だったり、古いタイプの省エネタイプでないエアコンなら、これより、ぐーんと高くなりますよね。

ということで単純比較は、むずかしいんですね。

SPONSORED LINK

わが家での使い分け

わが家では、この結果を知ってからエアコンと電気ストーブを使い分けてます。

まず部屋全体を暖めたい場合、エアコンの温度を23度ぐらいにして暖めます。

十分に部屋が暖まったら、エアコンを切ります。

その後にクールダウンしてきたら、必要に応じて電気ストーブを400Wにしたり、800Wにして使用してます。

エアコンの方が安いのでは?と思うかもしれませんが、エアコンはどうしても肌や目が乾燥しがちになりますので、長くは使いたくないな~って感じるんですよね。

ちなみにエアコンって冷房よりも暖房の方が電気消費量、電気代が高いそうです。

その理由はというと、暖房よりも冷房の方が外気との気温差が大きく、気温差が大きいほど、電気代がかかってしまうのですね。

電気代は1度変われば10%ほど電気代も変わるそうです。

ですので冬場の暖房なら21度設定では20度と比べて、たった1度の差であっても10%も電気代が高くなるんですね。

【お金の節約方法記事一覧】

やはりこまめな温度設定と各家庭によっていろんな条件、事情があるでしょうから、暖房器具、場合によっては加湿器など賢い使い分けが必要ですね。

SPONSORED LINK

-節約ブログ, 電気代