健康

白湯の作り方って大事!その効果にも差が・・・

2015/02/05

白湯が健康にいいとか、よくテレビとか雑誌で見ます。

白湯の作り方とその飲み方は、ただ水を沸かして、冷まして飲めばいいのかな〜ぐらいに思ってました。

ある時、アーユヴェーダーに詳しい友達と話しているとき、白湯の話が出て、白湯にはちゃんとした作り方、飲み方があって、これを実行することによって効果も出るそうです。

ということで、白湯の作り方について紹介しますね!

SPONSORED LINK

白湯の作り方

白湯は”水が温まったもの”と思いがちで、電位レンジでぬるく温めてもよさそうですが、これじゃダメなんですね。

まず水ですが、できるだけミネラルウォーターを使った方がいいようです。

水道水の場合、塩素などの薬品が入っているので、沸騰させる時にその濃度が濃くなるケースがあるとのこと。

そんなに神経質になる必要はないと思いますけど、水道水を使う場合は浄水器を通した方がいいでしょう。

・水をやかんか鍋を使って強火で沸騰させる。

・沸騰した後は鍋のふたなどは取り、湯気が出るようにして弱火で10分間沸かし続ける。

・その後、自然に冷まして50〜60度(人肌より熱いぐらい)の温度でいただきます。熱いからと冷水を入れて冷ますのはNGです。

094558

白湯の飲み方

50〜60度の白湯を飲むのですが、飲む量は150mlほどを5~10分くらいかけて、ゆっくり飲みます。

白湯を飲む時間帯としては朝目覚めたとき、夜寝る前、あと食事の時が効果があります。

白湯の効果

この白湯の効果なんですが次のものがあります。

●胃腸など内蔵を温め、血液の流れをよくし、身体を温めます。身体が温まると免疫力がアップしますね。

●身体が温まると代謝がアップし、脂肪が燃えやすくなり、ダイエットに効果ありです。

●代謝がアップすることにより、毒素や老廃物を体外へ出して、身体に必要な水分、栄養が行きわたるようになります。デトックス効果で美肌づくりにいいってことですね。

●毒素や老廃物を体外へ出しますので、身体のむくみをなくしたり、便秘の改善につながります。

●胃腸を温めるので消化力が高まる。

●副交感神経が働いて、リラックスするので熟睡できるようになる。

私も白湯を飲むようになってから、すっかり冷たいものはなるべく取らないようになりました。身体が温かいものを欲している気がして・・・

白湯は身体にやさしく、健康になり、気持までやさしくする気がします。

SPONSORED LINK

-健康