暮らし

引っ越し手続きのチェックリストはこれ!

引っ越しの時って、引っ越し前後にいろんな手続きが発生します。

ちょっと手続きのタイミングが遅れるだけでも家賃など余計な費用が発生したり、いろんな解約、住所変更、新たな手続きの漏れなど・・・誰でも経験することではないでしょうか?

このような手続きは、思いついたものをその都度処理していくより、まとめて順番に効率よく片づけてしまいたいもの・・・

本来ならITなどを活用して、ワンタッチで全て完了するようにしてくれたらいいんですけどね~

引っ越しをスムースに行い、新たな暮らしに移行しやすくするために引っ越し時の手続きのチェックリストをまとめてみました!

参考にされてください!

SPONSORED LINK

引っ越し手続きを「事前編」、「当日編」、「引っ越し後編」の3つの時期に分けてリストアップしました。

引っ越し手続きチェックリスト~事前編

□賃貸物件の解約通知

□駐車場の解約通知

□退去日、入居日の決定

□引っ越し業者への見積及び申込

□学校、保育園、幼稚園の転校手続き

□インターネット移転手続き

□固定電話の移転手続き

□粗大ごみ処分手続き

□断捨離用に不要品の処分

□火災保険・地震保険の住所変更

□ケーブルテレビ・CS放送・衛星放送の契約変更

□転出届の提出、『転出証明書』の受け取り

□国民健康保険の資格喪失手続き

□印鑑登録の抹消

□乳児医療

□児童手当
 
□老人医療

□敬老年金

□銀行届

□クレジット会社届

□保険届

□通販会社等の登録変更

□水道・電気・ガスの精算

□水道・電気・ガスの申込

□新聞の精算

□郵便物の転送届

SPONSORED LINK

引っ越し手続きチェックリスト~当日編

□ガス・水道の停止立合い

□引っ越し業者への代金支払い

□旧居の掃除および明け渡し・鍵の返還、敷金等の精算

引っ越し手続きチェックリスト~引っ越し後編

□水道・電気・ガスの使用開始

□インターネット回線設置

□固定電話回線設置

□テレビチャンネル設置

□洗濯機設置

□照明器具設置

□ご近所挨拶の品の購入と挨拶回り

□転入届(引っ越しから14日以内『転出証明書』持参)

□マイナンバーの住所変更

□印鑑登録

□国民健康保険、国民年金の住所変更

□乳児医療

□児童手当
 
□老人医療

□敬老年金

□運転免許の住所変更

□自動車・バイクの住所変更

□パスポートの住所変更

□各種会員の住所変更

□証券会社(株式等)へ住所変更届

□各種免許・資格の住所変更

ざっ~とリストアップしてみましたが、引っ越しの際の手続きが、最近はどんどん増えてきて結構な作業量になってきています。

だからこそ、リストをもとに漏れなく手際よく処理していきいたいものです。

費用面で考えた場合、特に注意したいのが、「旧居の退去通知をできるだけ早く行うこと」と「引っ越し可能な日をできるだけ複数用意すること」だと個人的には思ってます。

住所変更は、極端な話、郵便の転送届を事前に行っていれば、転送されてきたものを片っ端から変更手続きしていけばいいわけです。

一方、「旧居の退去通知」は通常、退去の1ヶ月前には通知するケースが多いですから、5月末退去予定の場合に5月15日に通知すると6月14日が退去日になり、半月分賃料を余分に支払わなければなりません。

また「引っ越し日」ですが、今までの経験からしても土日などの忙しい日と平日の暇な日では、引っ越し料金が半分ほどになることもありますから、引っ越し可能な日を柔軟にできれば、引っ越し業者さんの都合に合わせて引っ越し料金を安く頑張ってもらうことが可能になります。

こういったことも頭に入れながらスマートに引っ越しを済ませたいですね。

SPONSORED LINK

-暮らし