美容

薄毛女性の予備軍いっぱい! その対処法は!

2017/02/21

薄毛は、私たち女性にとって、最大の関心事の1つですよね!

dfb24ce2f744733da2d1866e1e558bec_m

高齢化により、薄毛になるのは、ある程度は致し方ない気がしますが、最近は若い人にも薄毛が多くなってきているようです。

さまざまな環境の変化や、間違ったシャンプーやリンス・コンディショナーの使い方、パーマをかけたり、ヘアカラーしたりすると、どうしても知らず知らずのうちに地肌や髪に負担をかけてしまい、薄毛女性の予備軍になってしまうんです!

若いときって、知識がなかったり、髪も元気ですので、ついつい無理しがちです。

若いときの無理がたたって、薄毛になってしまうって、悲しいですよね。

薄毛に対する知識をしっかりつけて、髪を大切にケアしていきたいものです。

SPONSORED LINK

薄毛の原因

そもそも薄毛になる原因を調べてみると、以下のような原因があるんですね。

1.頭部の血流が悪くなると髪の成長が遅くなり、髪の毛がぬけやすくなる。

2.遺伝的に男性ホルモンの影響によるもの。

3.異常に皮脂が多く分泌され、毛穴のつまりによるもの。

4.ストレスや生活習慣の悪化によるもの。

特に女性の薄毛の原因は

5.過度なダイエットによる栄養のアンバランス。

6.間違ったヘアケア。

7.ホルモンバランスの乱れ。

8.加齢によるもの。

9.シャンプーのしすぎによる頭皮を守る皮脂の洗い落とし。

10.ポニーテールやエクステなどによる牽引性脱毛。

11.長期間、同じ分け目にしていること。

などがあるようです。

特に加齢による中年以降の女性は、全体の毛が抜けて薄くなりやすく、頭頂部の皮膚が透けて見える「びまん性脱毛症」が多くなるみたいです。

SPONSORED LINK

薄毛の対処法

では、薄毛予防の対処法はというと、次のとおりです。

1.栄養バランスに気をつける。
  
 ・髪の毛はケラチンと呼ばれるたんぱく質からできているので、多く含まれている植物性たんぱく質・・・豆腐・納豆・きな粉など

 ・ビタミンC   ・・・みかん・いちご・パセリ
 (ストレス対策)

 ・ビタミンE   ・・・大豆・植物油・ナッツ
 (血流を促進する)

 ・ビタミンB2・B6・・レバー・卵・緑黄色野菜
 (皮脂を抑制する)

 ・亜鉛      ・・・牡蠣・ココア・ナッツ類・しじみ
 (たんぱく質を分解・合成する働き)

 こちらもご参考にご覧ください!
  ↓ ↓
 薄毛は食事で改善できる? 薄毛対策にいい食べ物、栄養って?

2.夜更かしをひかえ、睡眠を十分にとる。

3.ストレスの緩和。

4.たばこ・喫煙は絶対にNG。

5.有酸素運動をする。

6.正しいヘアケア。

 ・正しいシャンプーの仕方

  ①お風呂にはいる前、必ずブラッシングする。

  ②お湯で2分以上地肌を洗う。

  ③シャンプーを手にとり、手で泡立ててから髪につけ、よく泡立てて髪を洗う。

  ④きちんと丁寧にシャンプーをすすぐ。

  ⑤リンスやコンディショナーを地肌にはつけず、髪の表面だけにつける。

  ⑥十分にすすぐ。

 ・洗髪後は、きちんとタオルドライする。

 ・ドライヤーは、地肌から15㎝以上離して乾かす。
  同じところに長くあてず、まんべんなく位置を変えて乾かす。

7.髪の毛の分け目を変える方法については、こちらをご覧ください!
   ↓  ↓
女性の薄毛の原因となる分け目を変える方法

女性ならおしゃれが大好きで、髪にもいろいろ手間をかけて、きちんとしているつもりが、かえって地肌や髪にダメージをかけていることが、多いんですね。

髪の毛にも睡眠が大事で、栄養も大事。

すべての生活習慣が影響してきます。

シャンプーの仕方も最初に2分洗うって結構長いですが、これだけで、汚れの90%は落ちるそうです。

習慣にしたらいいですよ。

いつまでもふさふさでつやつやでいたいですものね。

SPONSORED LINK

-美容