暮らし

フランス料理のマナー?料理の注文は?スマートに頼むには!

2016/02/01

料理を注文するとき、慣れていないとスムーズにできるか不安になったりします。

97eb53190dea5ba47863e4f9394d17d8_s

でもそもそもレストランを利用するのは、美味しいものを食べて楽しい思い出をつくるためですよね。

慣れないうちは少々間違っても気にしないようにしたいです。

間違ったマナーや失敗の経験を重ねて覚えていくものかもしれません。

SPONSORED LINK

料理を注文する

係の人からメニュー表を渡されます。

メニューの組み立て方

メニューをオーダーする方法には、セットメニューとアラカルトがあります。

①セットメニューの中には、「フルコース」と「略式のコース」があります。

セットメニューは前菜からデザートまで組み合わせが決まっています。

「フルコース」を選ぶと、その店の得意な味がわかります。

②「ア・ラ・カルト」は、客自身がメニューを見て自由に、「前菜はこれ」「魚料理はこれ」「肉料理はこれ」と選んでいきます。

●「フルコース」を選んだ場合は別ですが、「ア・ラ・カルト」を選んだ場合は、デザートは後からオーダーすることもできます。

料理をオーダーするときは、わからないことや苦手な食材などがあったときは、遠慮することなく係の人に聞くようにします。

「ア・ラ・カルト」を選ぶ人は、フランス料理のレストランに慣れている上級者といえます。

いつも「フルコース」を選んでばかりの人も、おもいきって「ア・ラ・カルト」に挑戦してみるのもいいでしょう。

それから「フルコース」を食べたいけれど、食べきれなかったらどうしようとおもうときは、「量を少なめにお願いします」と頼めばいいです。

同席の人と料理をシェアしたいときは、オーダーするとき伝えていると、あらかじめお皿を分けて出してくれますし、料理が運ばれてきたときにお願いしても取り分けてくれます。

SPONSORED LINK

フランス料理のフルコースのメニュー

フランス料理のフルコースが出てくる順番です。

アミューズや前菜
  ↓
スープ
  ↓
メインディッシュの魚料理か肉料理
  ↓
チーズ
  ↓
デザート
  ↓
フルーツ
  ↓
コーヒー
  ↓
プチフール

と続きます。

「フルコース」は、アミューズからプチフールまでかなりの量になります。

最近では、伝統的なフランス料理の「フルコース」は少なくなりつつあります。

省略化され、スープを省略したり、メインディッシュを一品にしたり、略式のコースを出すレストランも増えてきています。

その場合前菜またはスープ、メインディッシュは魚料理か肉料理かなどどちらかを選ぶスタイルのレストランも増えてきています。

フルコースのメニューの説明

メニューを見て臆することのないように、メニューの言葉の中身を知っておくといいですね。

アミューズ

レストランで料理の前にだされる、お通しのようなもの。

オードブル、アントレ(仏)

前菜のこと。

コースで、メインの料理の前に食べる軽めの料理。

冷たいものと温かいものがあります。

ポタージュ

ポタージュは、フランス語でスープの総称です。

とろみのあるスープや澄んだスープなど。

魚料理=ポアソン

27af05f2154bdf374919773f6d3934da_s

メインのひとつです。肉料理とともに、メインを2種食べる場合はこちらが先に提供されます。

白身魚やエビなど季節の魚介類を使います。

グラニテ(冷菓)またはソルベ

メインを魚と肉の2種類食べる場合に、合間に口の中をさっぱりさせるために供されるお菓子、お口直しのお菓子です。

肉料理=ヴィアンド

c7c04c20c5dc257788ea5a0e1936c099_s

メインのひとつです。牛、鶏、豚、羊のほか野ウサギや野鳥類を料理したジビエなどの肉料理もあります。

サラダがつく場合もあります。

チーズ=フロマージュ

食後に供され、数種類の中から好きなものを選びます。

もちろん食べなくても大丈夫です。

日本では、コースに含まれず、別料金になっていることが多いです。

デザート=デセール(アントルメ)

938a231e57628597727da21110f2b90c_s

ケーキ、ブラマンジェ、タルト、アイスクリームなどの甘いお菓子のことです。

フルーツ

メロン、ぶどうなど季節のくだもの。

カフェとプチフール

コーヒーや紅茶などに、小さな焼き菓子やチョコレートなどがつきます。

その他の言葉の説明

ポーション

料理の一皿。あるいは一皿の量。「ハーフポーション」といえば、半分の量の料理の意味。

スペシャリテ

シェフのおすすめ料理。その日にそろった食材によって違う場合もあり、店の特徴がわかります。

プロシェット

串焼き料理のこと。

食べるときは、直接かじらず串からはずして食べます。

ワゴンサービス

最後のチーズやデザートを数種類をワゴンでテーブルまで運ぶサービスのこと、好みのものを選べます。

※他のフランス料理のマナーについてはこちらをごらんください!
 ↓↓
フランス料理のマナー、これだけ知っておけば安心!

コース料理の順番やどういったものがでてくるかわかっていれば余裕がもてていいですね。

コース料理やアラカルトにも挑戦してみるのもいいですね。

SPONSORED LINK

-暮らし