健康 年末・年始

正月太りとダイエット~喉元過ぎれば・・・

2015/05/01

正月太りに毎年陥ってしまいます。

「今年こそは!」と誓うのですが・・・

 

と同時に「一年に一回しか食べられないよ!」ともう1人の自分がささやき、もろくも決意がゆらぎ・・・

 

お正月だけは、食べても許されるんじゃないか〜と、ついつい色々なものに手がのびて、決まって後で後悔して・・・しまいます。

 

まさに、喉元過ぎれば熱さを忘れるです。

106746

SPONSORED LINK

正月太りに陥るのは?

正月太りって、一般的に平均2キロほど太るそうです。

おせち料理とかお餅って、けっこうカロリーがあるんですよね。

何も考えないで、美味しいからって、食べていると大変な〜ことになります。

 

・お餅(市販の小さな餅)・・・・・・120㎉

・伊達巻(小2切れ)40g・・・・・80㎉

・栗きんとん(2粒)80g・・・・・170㎉

・黒豆20g       ・・・・・57㎉

・かまぼこ(2切れ)40g・・・・・40㎉

・たたきごぼう40g   ・・・・・40㎉

・酢ばす(れんこん2枚)20g・・・20㎉

・煮しめ(にんじん1枚、ごぼう3枚、しいたけ1枚) ・・・・・30㎉

・数の子(2切れ)20g・・・・・・20㎉

・昆布巻き(3切れ)30g・・・・・60㎉

・紅白なます30g    ・・・・・20㎉

上記のように少ない量でも高カロリーだったりします。

 

それにおせち料理は、味付けが濃いので塩分の取り過ぎになり、むくんでしまいます。

体液の塩分濃度が上がるので、水分で薄めようとして水分を摂り、体重も増えてしまいます。

 

正月ダイエット

では、正月太りを抑え、ダイエットするにはどうするか? ですが・・・

 

まず、一番のおすすめが”食べる順番を変えること!”

食べ方の順番で少しは、カロリーを抑えることが、できます。

たたきごぼう、煮しめの野菜等から食べ、次に酢の物系、かまぼこなどで、最後のほうに甘い味付けの伊達巻や栗きんとんを食べます。お餅も最後のほうに頂きます。

 

SPONSORED LINK

次に”間食をしないこと!”

正月太りは基本的には、食べすぎてしまった結果なので、暴飲暴食をやめて三食きちんと食べ、腹七・八分目で、間食しないこと。

でもこの季節どうしても間食が、我慢できないときは、ナッツ類(アーモンドやクルミ)や昆布などよく噛んで満足感が得られるものがいいですね。

 

”手軽にできる有酸素運動”も、効果がありますよね。

有酸素運動には、ウォーキング、エアロバイク、エアロビクス、ゆっくりした水泳等ありますが、やっぱりウォーキングが一番いいですよね。

・初詣に行くときにも歩いて出かける。

・寒いからといって、家にばかりいないでデパートとか行き、中をなるべく歩く。

・家でも一か所にいないで、家事などでこまめに動く。

 

大事なことは、食べ過ぎを絶対に習慣にしないことですよね。

体重は毎日の摂取したカロリーと消費するカロリーの差で決まります。

食べ過ぎて消費しなければ当然体重が、増えます。

 

一年の計は元旦にあり!

まずはお正月から、ダイエット、健康をしっかり意識して今年一年を健康に過ごしていきましょう!

SPONSORED LINK

-健康, 年末・年始