ライフスタイル

土鍋の使い方、焦げないように!

2015/05/01

土鍋の使い方は、はじめからきちんとしないと、焦げたり、ひびが入ったり、いろいろ気をつけることがありますよね〜

冬は、土鍋を使うことが多いので気をつけたいものです。

すき焼きは・・・鉄鍋

しゃぶしゃぶは・銅鍋

寄せ鍋は・・・・土鍋ですね!

SPONSORED LINK

冬は、いろいろなバリエーションの料理ができるので、土鍋の出番が多くなります。

でも、土鍋のことって、よく知らないんですよね〜
 

土鍋はいつから使われるようになったのか?

調べてみると、歴史はわりと浅くて、本格的に使われるようになったのは、意外にも戦後からなんだそうです。

イメージとしては、もう何百年も昔からと思ってましたが・・・

土鍋の特性は、中の具材にゆっくり火を通して、うまみを引き出すことなんだそうです。

基本 CMYK

鉄鍋、銅鍋、土鍋の熱の伝導率を比べてみますと、土鍋が1なら、鉄鍋は40倍、銅鍋は400倍になるそうです。

3種類の鍋で、鶏肉を似た場合、土鍋が一番時間はかかりますが、うまみ成分のアミノ酸量を測定すると鉄鍋516、銅鍋311、土鍋は750(単位はすべてmg/l)と土鍋は、ダントツ一番なのです。

なので、土鍋料理は、具材のうまみを引き出して美味しいお鍋になるのですね。

土鍋をきちんと使いこなせるように、焦げたり、ひびが入ったり、割れたりしないように大事に気をつけたいものです。

 

土鍋を初めて使うときにやるべきこと

最初に買ってきてから使い始める前に、やっておくことがあります。

目止め(土鍋にある小さな穴を埋める作業です)をいずれかの方法で必ず行います。

●小麦粉(大さじ2)を土鍋に入れて、水を8分目まで入れて、10分~20分沸騰させます。

●お米のとぎ汁をいれて、10分~20分沸騰させます。

●おかゆを炊きます。

●野菜のくずを炊きます。

目止めをする際の注意点としては

1.火加減は、中火以下で行います。

2.加熱後は、土鍋が冷めるまで待ちます。

3.冷めてから、中を水洗いします。

SPONSORED LINK

 

土鍋の焦げの取り方

土鍋が焦げた時の焦げの取り方ですが、焦げにもいろいろ種類がありますので、「絶対にこれだ!」というものはありませんが、方法はいくつかあります。

1.土鍋にぬるま湯を半分くらい入れて、一晩おきます。

 一晩経ったら、キッチンタオルや布巾などで、やさしく丁寧にこすりとってください。

2.土鍋にお湯を入れ焦げ付いた時と同じ温度になるまで沸騰させて、土鍋が傷つかないように割り箸などで、こげを取り外します。

3.重曹をやわらかいスポンジにつけてこすります。
 一度で落ちない場合数回続けて行うことで、薄くなっていきます。

 

土鍋を火にかけるときの注意点

土鍋を使うとき、必ず鍋の底がぬれていないかチェックします。

ぬれていたら、土鍋が割れてしまいますから要注意!

 

土鍋のニオイを取るには?

土鍋に水を8分目まで入れ、緑茶を入れて煮立たせます。そうするとニオイが取れていきます。

 

土鍋のカビを取るには?

土鍋をよく洗ってから、水を8分目まで入れ、お酢を大さじ2杯入れて煮立たせます。そうすることでカビが取れていきます。
 

※土鍋は、使っていくうえで、とにかく乾燥させることが一番大事です。

シーズンが終わり収納する時も、よく乾燥させてしまいます。

その時、買った時の箱には入れないでください。カビの原因になります。

土鍋は生き物のように生きているので、正しい扱い方で、上手に付き合っていかないといけないですね!

SPONSORED LINK

-ライフスタイル